不動産投資とはどのような資産運用方法?その魅力と注意したいリスク


不動産投資とは、収益物件を貸し出すことで家賃収入から利益を得ることを目的とする資産運用の手法です。アパートやマンションなどを購入し、賃貸住宅として貸せば毎月一定の家賃収入を得ることができますし、購入した時よりも物件の価値が上がった時に売却すれば売却益を得ることもできます。

将来、不労所得を得ることを目的として不動産投資を行う方も増えていますが、その理由として株式やFXなどで資産運用するよりも比較的リスクが低く、長期的に安定した収入を得ることが可能になる点が挙げられます。

では、具体手にどのようなメリットがあるのか、注意しておかなければならないリスクも踏まえて確認しておきましょう。

不動産投資も種類はいろいろ

不動産投資にも種類があり、収益物件として保有する不動産がマンションの一室なのか、それともアパート一棟なのか、さらに一戸建てなのかなどでメリットやリスクは異なります。

さらに物件が新築か中古かによっても、期待できる収益やリスクは違ってくるでしょう。ここでは新築のマンションの一室、またはアパート一棟で不動産投資を行う場合についてご説明します。

□マンション一室に投資

現在、銀行預金などで資産運用を検討しても、超低金利の水準のため資産が増えることは期待できません。

利回りのよい金融商品に投資した場合、大きな儲けが期待できるかわりに、高いリスクが伴います。

しかし、マンション経営であれば、購入する物件の立地を厳選するなどリスクヘッジをしっかり行うことで安定した資産形成が可能です。

ローンを利用しても返済資金は家賃収入でほとんどまかなえるなど、初期費用も多くかからず始めることができる手法であることがメリットです。

ただし、購入する物件の立地によっては空室リスクが高まります。空室が長く続けば家賃収入を得ることができなくなり、ローンの返済資金を給与所得などから自己負担しなければならなくなるからです。

□アパート一棟に投資

土地を所有している場合には、アパート一棟を建てて運用する方法も検討してみましょう。
部屋が複数あることで、仮に1つの部屋が空室になっても、他の部屋に入居者がいれば家賃収入は継続して得ることができます。空室リスクを分散できるという点が大きなメリットといえるでしょう。

土地を購入し、その賃貸収入でローンを返済しつつ、収益を上げる投資方法です。アパートの規模にもよりますが、初期投資は比較的大きくなるため、ある程度の自己資金の用意が必要になります。

また、建物が古くなり、減価償却を終えてからも土地はそのまま残ることもメリットです。

ただし、マンション経営よりも初期費用が多くかかる上に、ローンを利用する額も大きいので将来的な金利上昇リスクにも注意しておかなければなりません。

メリットとリスクを把握した上で始めること

不動産投資は物件の管理を適切に行い、空室を出さずに入居者を確保しつづければ安定した家賃収入を長期に渡り得ることができる資産運用の手法です。

衣食住という人が生きて行く上で欠かすことのできない一部を提供することにより、資産を運用する方法ですので、ニーズがあり続けることも魅力といえるでしょう。