重要なのは投資戦略!不動産投資を行う前に決めておくべきこと


不動産投資を行う場合には、間違った方法で始めることだけは避けなければなりません。なぜなら一度決めた方針は、そう簡単に転換できないからです。

自分が決めた目標と、購入した物件が合っていないケースでは、ほとんどが知識不足であることが挙げられます。

まずは、不動産投資を行う目的や何を目指すか、目標をしっかり設定することが大切です。そして、その目標を目指し、実現するための投資戦略を立てておくことが求められます。

目的に合う投資戦略を立てておくこと

例えば、投資規模拡大を目標に投資戦略を立てたはずが、その中で安さに目がくらみ、耐用年数を過ぎた木造物件をローンで購入してしまったとしましょう。購入した木造物件を売却すると考えた場合、数か月から半年程度、ロスが発生することになってしまいます。

買うべきでない物件を排除する方法を考える前に、投資戦略に沿っていない物件を購入すべきではないといえます。

どのような投資戦略を立てたとしても、市価より安い値段で物件を購入することは肝要です。しかし、その中でも、どのエリアで購入するのか、物件の構造や築年数、利用する融資なども踏まえた検討が必要になるでしょう。

一度決めた投資戦略が揺らぐ場面に遭遇したら?

明確な投資戦略がなければ、買ってはいけないダメな物件を購入する可能性もあります。しっかり強固な意志を持って物件選びを行わないと、設定した目的を貫けない場面も出てくるからです。

例えば、利回り10%以上の物件しか買わないと決めていたのに、都内の高級住宅地で利回り8%という魅力的な物件があらわれたら、心が動いてしまうこともあるでしょう。

高級住宅地に物件を持っていることがステータスに感じられるかもしれませんし、転売することで儲けることができるかもしれないと考えてしまうかもしれません。

ただ、自分が目指しているのは何かを考え、多少は柔軟な姿勢も必要だとしても、本当にそれでよいのか、決めたことを見失ってよいのか見極めが重要になります。

転売すれば多額の売却益を得られる可能性は十分にあるけれど、すぐに買い手が見つからなかったら、その間はどう対処するのかなども決めておくことが必要です。

投資戦略を立てる時に注意したいこと

迷いが生じないためにも、どのエリアでどのような物件を購入したいのか、借入れはどこの銀行を利用するのか、絶対に譲れない条件と柔軟に対応できる条件を決めておきましょう。

投資戦略を立てる上で、近い将来、投資額をどのくらいまで拡張したいのか、利用できる銀行はどこかなどを踏まえながら、エリアや物件の構造、収益性などを考えていくとよいです。

いくら探しても物件が見つからない場合、もう一度目標設定を見直すことも必要になるかもしれません。必要に応じて投資戦略自体を修正しながら、どうすれば不動産投資を成功に導けるか検討していきましょう。