富裕層が実践している資産の運用方法とは?


一般の人からイメージする「富裕層」とは、多くの資産を所有している資産家、または億単位を軽く稼ぐ経営者などでしょう。しかし、実は一般企業で働くサラリーマンの中にも富裕層はいます。

見た目は普通のサラリーマンなのに、実は富裕層と言われている人は、上手く資産を運用してより多くの資産を築いているようです。

どのような方法で資産を運用している?

サラリーマンで富裕層と呼ばれる人の場合、給料を働く会社から多く受取って稼いでいる人もいれば、株式や不動産投資などで資産価値を向上させている人もいます。

一般的に富裕層と呼ばれる人は、純金融資産1億円以上5億円未満である世帯を指すと言われていますが、富裕層の資産運用方法として次のような方法が挙げられるでしょう。

・外貨預金

例えば現在日本は超低金利と言われているため、銀行預金にお金を入れていても金利はほとんどつきません。そのため預金だけで運用し、お金を増やす事はできないと判断できるでしょう。

しかし外貨預金など、日本円よりも金利の高い米ドルや豪ドル、ユーロなど色々な国の通貨での運用もあります。外貨預金の場合、預入期間や金額などで金利が有利になる事もあり、日々為替の変動がある事で為替差益によって資産が増える事も期待できます。

ただし、円高になれば為替差損になる可能性があり、資産が減る事もありますし、預け入れる時や引き出しの時には手数料が発生する点の理解が必要です。

・国内株式投資

国内株式に投資する場合、預金よりも高い利回りを得る事ができる可能性があります。
ただし株式は経済情勢、地政学や自然災害のリスクなどの影響を受けるため、元本保証がない事で大きな損失が出る可能性もあります。

・国内不動産投資

不動産投資はアパートやマンションを保有して、毎月家賃収入を得るという方法もあれば、購入した時より資産価値が上がった時に売却して売却益を得る方法もあります。家賃収入は安定的に得られる点がメリットであり、現物資産なので資産がゼロになる可能性も低いでしょう。

ただし空室が発生すれば家賃収入を得る事ができなくなるでしょうし、入居者が決まらない事で家賃を下げなければならなくなるかもしれません。また、修繕費なども定期的に必要ですし、ローン金利の上昇などのリスクも考えておく必要があります。

高いリターンを期待すれば高いリスクを負う事に!

資産運用にも色々な種類があり、ハイリスク・ハイリターンと呼ばれる株式などであれば、一度に大きな収入を得る事ができる可能性がある反面、大きな損失を被る可能性も出てきます。

一方、不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンと言われている運用方法ですので、長期間に渡って安定的な収益を得る事ができかもしれません。富裕層を目指して、初めてみてはいかがでしょうか。