これから資産を増やすために投資を始める人が注目したい運用方法とは?


貯まっているお金を増やして、将来の資産を構築するための資金にしたいという場合、資産の運用を始める事を検討しましょう。

資産形成は就労による収入、そして貯蓄により築き上げて行く事ができますが、ある程度資金を貯める事ができたのなら、その資金をどのくらい運用に充てて増やす事ができるかを考える事が必要です。

どのくらいの資金を資産運用に充てる?

資金のすべてを資産運用に充ててしまうと、損失が出た場合に生活が困窮します。そこで、半年分の生活費や1~2年以内に使用目的が決まっているお金は使わない事、仮になくなっても困らない資金で始める事を基本としましょう。

日本では投資と耳にすると、ギャンブル的な要素が強いと感じ、マイナス的なイメージを抱きがちです。しかし投資をリスクと考えるのではなく、投資を学ばない事がリスクと考えるべきと言えます。

投資によって大切なお金を失うかもしれないという恐怖心は大切ですが、恐怖心があるからリスクを抑える事を学ぶ事ができます。

資産は分散させる事が重要

リスクを抑えるために預貯金や金融商品、不動産などに資産を分散させる事も必要です。

卵を1つのかごに盛っていれば、かごを落とした時に盛った卵はすべて割れてしまいます。しかし卵をいくつかのかごに分けておけば、1つのかごを落として割れてしまった卵が出てきても、別のかごに盛った卵は守られます。お金も同じように、同じ資産に集中させずに色々なものに分散させる様にしましょう。

利益とリスクの最も良い割合は?

資産形成の基本は積立投資といわれていますが、これは時間を味方につけて毎月少額を一定して投資していく事により、高値の時は少なく、安い時には多く買い付ける事ができるので結果的に平均購入単価を抑える事ができるという考え方によるものです。

ローリスクローリターンの資産運用方法といわれていますので、大きな利益は見込めなくても、リスクを最小限に抑える事ができる方法と言われています。

反対に、ハイリスクハイリターンといえる株式などの金融商品は、大きく儲かる事も期待できますが反対に失う時に損失も大きくなってしまう事を理解しておきましょう。

不動産投資なら安定収入が可能?

ローリスクローリターンは物足らないけれど、ハイリスクハイリターンは恐怖を感じるという場合は、ミドルリスクミドルリターンといわれている不動産投資に目を向けても良いかもしれません。

不動産投資のリスクは、購入した物件価格が下がる事や、空室が出る事で家賃収入を得る事ができなくなる事などが挙げられますが、入居者を継続して獲得する事ができれば長期に渡って安定した収入を得る事ができる投資方法です。

資産形成を着実に構築させるために

資産運用を前向きに考えて行く事で、地に足の着いた資産形成を構築させる事に繋がります。最も自分に良いと判断できる資産運用を継続して行えるように考えて行きましょう。