金沢区で不動産投資を行うことのメリットとは?


ここ数年、不動産投資が注目されてきていることで、金沢区でも賃貸経営に興味を持つ方もいることでしょう。

そこで、実際に不動産投資とはどのような方法で行うのか、賃貸経営で何を得ることができるのかなどご紹介します。

毎月安定した収入を得ることができるようになる

不動産投資の一番の魅力は、やはり家賃収入として安定した収入を毎月得ることができるようになることです。

金沢区でも不動産投資を行っている方はいますが、老後に年金だけで生活することに不安を感じ、賃貸経営で家賃収入を得ることを目的に始めたという方もいます。

投資対象となる金融商品は色々ありますが、毎月のように分配金を受け取ることができる金融商品は多くありません。

不動産投資なら、空室が出ずに入居者を確保し続けることで、安定した家賃収入を得ることができるため、年金を補うことも十分可能になります。

□売却して利益を得る可能性もある

また、毎月の安定した収入を得ることができるだけでなく、売却することで利益を得られる場合もあります。

地価が上昇し、購入した時よりも高く売れれば、売却益を得ることも可能です。

自らが資産運用に関わることができる

不動産投資は自らが賃貸経営を行う資産運用なので、株式投資などとは違って自分が運営に関わることができる点も魅力です。

物件選びから取得、事業の運営、売却まで、自分自身が判断して行うことになりますし、物件価値を高めるためのリフォームやリノベーションなども自己判断で行うことができます。

不動産会社などからアドバイスを得たい場合、アドバイザーの選定についても自らが行うことができます。また、物件管理を委託していた管理会社より、質の高いサービスを提供してくれる管理会社が見つかったとしたら、管理会社を変更することも自分で判断できるのです。

不動産を担保に資金調達が可能

不動産投資の場合、オーナー自身に資産がそれほどなくても、対象となる収益不動産と収益を担保にして借入れすることができる可能性もあるのです。

不動産投資を始める時、収益不動産を購入するためにその物件を担保に入れてローンを利用したとしても、毎月の家賃収入を返済に充てることができます。

金沢区の人口動向を把握した上で検討を!

金沢区では多くの転入・転出がありますが、その多くは20~30 歳代の世代の移動です。全国的にもこの年代の人口は減少していますが、金沢区でも減少傾向にあり、高齢化が進んでいるといえます。

生産年齢人口が減少する中で、特に20~30 歳代の減少が人口減少の要因となっている状況ですが、今後も人口減少や高齢化はより一層進んでいきます。

少しでも若い世代が金沢区のこの賃貸住宅なら住みたいと思えるような不動産を探し、入居者が途絶えることのない物件選びを行うことが必要なのかもしれません。