金沢区で実施できる空室対策とは?築年数が経過したアパートの場合


駅から徒歩30分ある距離などの場所にある築年数が経過した古いアパートなどは、一度空室が出てしまうとなかなか入居者が決まらないなど空室対策が大変です。

金沢区でそのような古く立地条件が良好ではないアパートを経営している場合、家賃相場も見直し、管理会社に管理を委託してフリーレント1か月、敷金・礼金はゼロにしても空室が埋まらないという状況に立たされることがあります。

このような場合、どのような空室対策を講じていけばよいのか確認していきましょう。

古いアパートは成約率が低い?

金沢区で賃貸住宅を探している方がアパートの内見に訪れたとしても、実際に成約まで至るのは新築や築浅物件の場合で3割、築古物件だと1割程度まで低下します。

築古物件は成約率が低いため、すこしでも成約率を上げるには内見者数を増やして申し込みが行われる確率を高めることが重要になります。

まずは家賃と敷金・礼金が周辺相場に合うか再度見直しを行い、部屋が賃貸物件ポータルサイトなどに掲載されているか、募集依頼もかけられているかなど管理会社に確認することも必要です。

内見から成約まで繋げるために

いくら内見数が増えても、実際に申し込みが行われなければ意味がありません。そのためには、入居希望者が内見の時にこのアパートに住みたいと思ってもらうことが大切です。

少しでも部屋が印象良くなるように、部屋だけでなく建物共用部の清掃状況などにも注意してください。老朽化した部分は修繕するなど、見た目の印象にもこだわるようにしましょう。

また、防犯カメラや無料で使えるインターネット設備の導入、エアコンやテレビモニターフォンなど、新たに設備を設置して周辺物件と差別化することも検討が必要です。

営業担当者を増やすことが大切

できるだけ募集の間口や方法を広げるために、物件の営業担当者を増やすことをはじめましょう。付き合いのある内装や電気・水道工事関係者、工務店、清掃関係など、様々な業者の方に積極的に紹介してもらえるように依頼することも必要です。

現地でのPR活動も欠かせません。のぼり旗などで現在入居者募集状態にあることを知らせて、多くの希望者を獲得するようにしてください。

物件を宣伝する看板や募集チラシなど、金沢区で住む場所を探している方との接点をなるべく多く作れるような工夫が必要です。

また、現在はインターネット社会ですので、家主自身のブログやホームページ、SNSなどで情報を発信することも効果が見込めるでしょう。