アパート経営におけるメンテナンスは30年後の資産価値を左右する!


アパート経営を行うことを考えるなら、長期に渡って経営を続けることを考えなければなりません。30年後も競争力を維持しながら、安定した収入を得る事ができる様に、継続できるメンテナンスの計画を立てていく事を検討しましょう。

すべて管理会社に任せて安心?

アパートのオーナーの中には、管理はすべて管理会社に任せているからと安心しきっていないでしょうか。しかし、管理会社が20年や30年という長期的な視点でみているのかはわかりません。

アパートの資産価値を低下させないためには長期の修繕計画が必要です。屋上防水や外壁塗装といった大規模修繕を行うためには、修繕費用を積み立てていかなければ対応できません。

管理会社任せにするのではなく、オーナー自身が修繕に対応できる資金準備を行っておくことも大切と言えます。

空室を出さないために必要なこと

アパート経営で修繕を行うことを考えた場合、どうしても日常的なメンテナンスばかりに目が向いてしまいがちです。

入居者が入れ替わる時には原状回復を適切に行うことも必要ですが、費用が掛かるという理由でメンテナンスを怠れば、築年数による古さなどが目立つ様になってしまいます。

新しい物件のほうがニーズは高くなるので、だんだんと入居者からも敬遠されるようになり、空室が増えて修繕どころではなくなってしまうかもしれません。

□計画的なメンテナンスを

資産価値を長期的に維持していくには、短期、中期、長期のメンテナンス計画をしっかり立てることが必要であり、そうすれば20年、30年経っても空室が出ない人気のある物件にすることができるでしょう。

いつ発生するかわからないメンテナンスとは?

入居者が入れ替わる時には、室内のクリーニングやクロスの張り替えを行うことが一般的です。ただし、いつこのメンテナンスが必要になるのか予測が付かない点が困るところでしょう。

クリーニング代は入居者負担であることが多くても、その他のメンテナンスはアパートオーナーが負担することがほとんどです。

収支計画を立てていても、入退去に関係するメンテナンスの頻度で収支は変わってくることは理解しておきましょう。

マネジメント能力のある管理会社に委託すること

メンテナンスは管理会社に委託しているというオーナーが多いでしょう。その際、管理契約の中の清掃についての項目は注意してください。いつ、どこをどのような方法で行うと規定されているかまでしっかり確認しておきましょう。

長期の修繕計画のためには、15年目や30年目に実施する大規模修繕計画、さらに収支計画の再シミュレーションなどを行ってくれるマネジメント能力があるのかも重要です。

長期に渡って経営を続け、アパートの資産価値を低下させないためには大切なことですので、確認した上で業務を委託する様にしてください。