繁忙期が勝負!引っ越しが増える時期に入居者を決められないと後々大変?


賃貸不動産業界の繁忙期は2~3月ですので、この時期に入居者を確保できなければ、後々空室が埋まらず悩み続けることになるかもしれません。
繁忙期に入居者を集めることができないリスクや、どのような対策が効果を見込むことができるのか確認しておきましょう。

 

引っ越しシーズンは物件オーナーに有利な時期?
進学や就職、転勤など、状況によって環境を変えるタイミングではお部屋を探す人が増えます。
その人に合う条件の物件があれば、早く決めなければすぐに他の人に取られてしまうと心配して早めに決断するという傾向も見られます。物件オーナーにとっては、好条件のまま募集ができる良い時期だと言えるでしょう。

 

繁忙期に入居者を逃してしまったら?
しかしこの繁忙期に入居者を逃してしまった場合、物件を探す人もそれほど急がなくても良いと考えるため、のんびりとお部屋探しを行うことになってしまいます。
仮に入居を希望する人から値段交渉があったとしても、空室のまま置いておくよりは良いだろうと交渉に応じてしまいやすくなるため、物件オーナーにとって有利な条件ではなくなる可能性も出てくるでしょう。
家賃収入を継続して得るためには空室はできるだけ出さないことが前提となるため、ニーズの高い繁忙期に入居者を逃さないことが重要です。

 

入居者の目に留まりやすくなる工夫が必要!
繁忙期はニーズの高まりと同時に供給も増えます。ライバル物件が空室になる時期でもあるため、自分の物件が目に留まりやすくなる工夫が必要と考えましょう。
同じエリアにライバル物件が多い場合、月額賃料ではなく初期費用の安い物件を中心に探している人も多いようなので、例えば保証会社への加入を条件として敷金をゼロにするといった工夫もできます。
また、敷金や礼金を下げなくてもフリーレント期間という家賃無料の期間を設けて、似た条件の部屋で迷う人が入居を決めやすくなる方法も導入してみましょう。
また、管理会社に対する広告料を1か月増やすことなどを行うと、社員のモチベーション向上に充てるといった対策が行えるので優先的に物件を紹介してもらえるかもしれません。

 

シーズンには確実に入居者を獲得することが必要
不動産投資を行う上で、ニーズが高まる時期はメリットが大きなタイミングだと言えますが、反対に入居者の確保ができなければ引き続き継続して募集をかけていかなければなりません。
埋まらない空室分のマイナスに悩まされ続ける事になりますので、引っ越しシーズン前には自分の物件が目に留まりやすくなる様に、どのような工夫を行えば良いか考えていく様にしましょう。