リノベーションはレトロなデザインと相性が良い理由


リノベーションとは?
リノベーションとはいったいどういうものを指すのでしょうか?
リフォームとの違いが判らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。一般的にリフォームとは、建物を原状回復して、新築の状態にする工事を指します。古くなって老朽化してマイナスになってしまった建物などを、0の状態に戻す事です。
一方リノベーションとは、古くなった建物に大規模な工事を行い、新築時よりも性能や機能を向上させる工事の事です。古くなって老朽化してマイナスになってしまった建物などを、+1もしくはそれ以上の状態にする事です。
リノベーションは、内装などを変更する事でよりデザイン性の高いものにしたり、壁などを無くし間取りを変更し、現在のライフスタイルに適したものにしたり、家族が増えたので、広々としたリビングダイニングキッチンにしたりする事です。このように、建物の価値を高める事をリノベーションといいます。

 

レトロなデザインとリノベーション
リノベーションを行なうにあたり中古物件を購入します。
築年数にもよりますが、中にはかなり築年数が経っているものも存在します。リノベーションを行なう際は、内装などを最新の美しいデザイン性の高いものに変更しても良いのですが、中古で築年数の物件を内外装全て新しいものに変更するのは、かなりの予算が必要になります。
しかし、元々の古くレトロな雰囲気を残したまま、必要な部分のみリノベーションを行なう事で、予算も比較的安く済みますし、なおかつデザイン性の高いものに変更できます。こういった、事情からも中古住宅とレトロなリノベーションは相性がよく、比較的に予算も抑えられますし、おすすめのリノベーション方法です。
レトロな雰囲気というのも好みがあると思いますが、京都の古民家などをその雰囲気残し、リノベーションした古民家宿や古民家カフェは外国の方をはじめ、多くの方に支持されています。

 

古い中古住宅をリノベーションする際の注意点
古い住宅はそのままでレトロな雰囲気があるので、レトロリノベーションを行なうには良いのですが、古い住宅という事で、耐震性を満たしていない場合があります。
耐震補強の工事を行なう事で余計な経費が掛かってしまう事もあります。そして構造上、どうしても作り変えられない部分などもあります。
建物の構造にもよりますが、全てリノベーションで作り変えられるわけではありません。もし中古住宅を購入し、リノベーションを検討しているのであれば、専門家立会いの下物件を選び、リノベーションがどこまで可能なのか確認することをおすすめします。