アパートやマンション経営でローンを借り換えする時に何に注意する?


アパートやマンションなど不動産経営を行っている場合、積極的にローンなど活用しているというオーナーは少なくありません。
ローンが低金利なら残る利益も多くなるでしょうが、高い時に契約した場合、ローンの金利を簡単に変更することはできないので損に感じることもあるでしょう。
この場合、金利が下がったタイミングでいっそ借り換えをしてみてはと考えるオーナーも多いようです。
ではどのような点に注意してローンの借り換えを実行すれば良いのでしょう。

 

ローンの借り換えを考える場合に確認しておく事とは?
ローンの借り換えを検討する場合、まずは次の項目について確認しておきましょう。

・今借りているローンと借り換えた後の金利の差は?
既に契約しているローンの金利が高いと感じる場合、借り換えた後の金利をどのくらい下げることができるのか確認しておきましょう。
1%以上、金利が下がる場合は借り換えを行った方が良いと判断できる可能性があります。

・どのくらい債務が残っている?
まだ債務が多く残っている場合で、さらに返済期間も長く残る場合、それほど金利に差がない場合でも借り換えを行ったほうが有利なケースも多々あります。
借り換えを行った時にかかる諸経費を含めた合計返済額を、今残っている債務と比較して考えて行きましょう。
なお、借り換えに必要になる諸経費にとして、取扱手数料、保証料、登録免許税、印紙代、抵当権抹消登記費用、司法書士への報酬などが挙げられます。

 

ただし築いた金融機関との信頼関係はリセットされる
ローンを借り換えたほうが良いと判断できる場合、借り換えを行う話を進めていくことになりますが、アパートローンを契約している金融機関との信頼関係などに注意しましょう。
アパートローンなど、高額のローンを組みしっかりと返済したという実績があるのなら、今ローンを利用している金融機関との信頼関係は築けているはずです。
アパートやマンションは経年により劣化していくものですので、今後、リフォームや大規模修繕が必要になった時の資金調達に力を貸してくれるかもしれません。
しかしローンを借り換えれば、その金融機関との関係は途絶えることになるので、新たに利用するローンを提供する金融機関と一から信頼関係を構築していく必要があります。

 

ローンの借り換えを検討するのなら
ローンの借り換えを検討する場合には、目に見える金利の問題だけでなく、将来その金融機関と、どの様な取引を行う可能性があるのか等も踏まえて、慎重に結論を出すことが大切です。