賃貸管理を行う上で重視したい管理会社選びのポイントは?


賃貸住宅を管理する時には、入居者が部屋探しをする時、どこをポイントに物件を選ぶのかを考える必要があります。
立地条件や建物の印象、間取り、設備、それらに対する家賃の値打ちなど、ぴったり合う、またはお得だと感じてもらえなければ部屋は埋まりません。

 

本当に今の管理会社で大丈夫?という不安
管理会社に管理を任せていても、たまに物件に行くとエントランスや駐輪場が汚れていたり、建物設備の修繕などの計画性に不満があったり、備え付けている設備などの点検がされているか分からないという場合、本当に適切な管理がされているか心配になってしまうものです。

 

現在は建築ラッシュで物件過多状態
首都圏では建築ラッシュによる物件供給量の増加で、ライバル物件が次々にあらわれ過当競争状態です。
入居者の奪い合いという状況の中で、空室を無くし経営を安定化させるためには賃貸経営や管理の知識とノウハウを持った管理会社に依頼する事が重要になっています。

 

賃貸管理業務の内容とは?
賃貸管理には、大きく分けると建物や設備のメンテナンスやマネジメントを業務とするハード面の管理、そして入居者対応や計画管理を行うソフト面の管理が必要です。
建物の美観や衛生管理、設備の保守管理、消防点検、原状回復やリフォーム、修繕計画の運営などはハード面の管理です。
そして入居者募集や契約手続き、家賃回収、更新・解約業務、クレーム対応など、事務的な部分はソフト面の管理として挙げられます。

 

入居者が重視するのはハード面?
入居者がこの物件で住みたいと思い、住んだ後も快適に過ごせるためには、清掃や衛生管理、外壁や廊下の修繕、電気設備やエレベーターの保守点検と交換工事、非常ベルや消火器などの維持管理、植栽の管理といった様々な管理が重要になります。
それに加えて、新たな入居者が気持ち良く部屋を使えるために、退去後の原状回復は当然のこと、不動産価値を向上させるためのリフォーム・リノベーション等も検討が必要になります。

 

管理に関わる法律の知識が必要
業務を行うには消防法や建築基準法といった様々な法律の知識、さらに建物の構造や設備に関する知識も必要です。そのため何かトラブルが生じた時、これらの知識をしっかり備えている管理会社に任せておく事が安心ですし重要になるでしょう。

 

賃貸管理のノウハウのある管理会社に依頼を!
賃貸経営を行っていれば、空室の発生や入居者の家賃滞納問題、家賃相場の変動といった問題に直面する事もあります。これらのリスクは事前に回避しておく必要がある項目と言えるでしょう。
入居者から家賃収入を得るという事は、建物の維持管理を継続して行う事が必要です。日常的な管理だけでなく、建物の修繕や入居者からの苦情、様々なトラブルに対する応対まで全て含めて賃貸管理と言えます。
複雑な業務に加えて、入居者も多様化している状況ですので、高い賃貸管理ノウハウを持った管理会社に相談し任せる様にしましょう。