相続対策を考える

 

相続対策には一般的に次の3つの対策が考えられます。

 1.遺産分割対策
 2.納税資金対策
 3.節税対策
 
 
1.遺産分割対策
遺産分割対策は、相続税の申告義務のあるなしに関わらず、すべての人が考えておかなければならない対策です。
一方、納税資金対策、節税対策は、主に相続税の納税を視野に入れて検討しなければならない対策になります。
すべての対策に共通するポイントとして、財産の分与、承継が関わるということです。
相続人のうち、誰にどの財産を承継させるのか、相続人の間で争いが起きないかなどは、常に検討しておかなければならない事柄になります。

   ゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛゜゛

 基本的に相続対策では、被相続人の方の意思が重要になります。

相続財産は被相続人に生前所有権があり、相続開始後にどのように承継させたいかは、被相続人の意思によることになります。(基本原則)
民法では、「均分相続持分」ということが記されています。配偶者は常に相続人であり、子供、親、兄弟姉妹の順位で相続持分が決められています。
先述しましたように、相続財産を誰にどれだけ渡したいと決めるかは、本来被相続人の意思によるものであるわけです。しかしそれではあまりにも気の毒なことになってしまったりすることも起こるわけで、ある程度のガイドラインを法律で定めているわけです。(ガイドライン=予防線ですかね・・・)
 
一般常識的に「それは酷すぎる」というような事態が発生した時に、相続人側がある程度の権利主張をすることを許しているのです。
これは、相続人の財産を守る、生活を守るという観点からなのだと思いますが、人間というものは必ずしも完璧ではない、常識から外れることをすることがある、ということなのかもしれません。
長年連れ添った配偶者の老後の生活を守ることは、被相続人の責任かもしれません。また、相続人である子供達は、残された被相続人の配偶者(親)の面倒を見ることは当たり前のことだと思うわけです。
しかし、世の中では、どうしたことか、残された配偶者でもなく、相続人であるべき子供でもない全くの他人にすべての財産を渡したいという被相続人が出てきたりするのです。
恋は盲目 色ボケしてしまった老人の果ての姿
「人間は完璧でない」なんてことはみなさんそれなりに分かっていることなわけですが、それが原因で苦労されている方は結構いるわけです。
よく聞くのが「お父さんは一切私たちの話を聞いてくれないし、本当にやりたい放題・・・」何てことです。
そんなことを経験したことのない方には、全くわからないことかもしれませんが、その人その人思い込みの激しい人っていますよね。
そして、人の話なんて全くもって聞こうとしない人もいます。
表面的には聞いているのかもしれませんが、絶対に自分の意思を曲げるつもりはない人です。
なぜそのような思考回路や、生き方になってしまうのかは不明ですが、きっとそれで今までうまく生きてこれたんでしょうね。
人は何かしら失敗したと思えば、反省したり、謙虚になって改善しようとする生き物だと思うんですよ。
でも、改善しようとしない人、まったくもって関係ない人がいるわけで、その人がアホなのか、アホじゃないなら、きっと失敗したとは思ってないのでしょうね。だから別に反省する必要もないし、改善することも要らないわけです。
会話をしていても、相手が勝手に理解してしまう時があります。でも実はその人は何も理解していないのです。あなたの理解は間違ってる、と言ってももうダメです。全く聞く耳を持ちませんし、自分の価値観や意思が全てなのです。
そうなるともうどうしようもないのですが、なんとかわかってくれないものかと思うのも人情なわけです。
 
私なりの結論というか対処法なのですが、仕方ないのでわかってもらわなくてもよい。そして、思い通りにならない相手のことを受け入れてみるのです。
なかなかできることではないのですが、「もう仕方ないな!でもこの人はきっとこのまま治る(私の思い通りにはならない)ことはないのだから、これ(この人)を受け入れた方が楽かもしれない」と思うようにしてみるのです。
これが私なりの結論です。
 
相手が思うようにならないから、思うようにさせたい・・・と思ってもそれは無理なのです。
だったら、100歩も200歩も譲って、相手を受け入れてしまう。「しょうがねぇーなーって」
そうすることによって、ほんの少しですが空気が変わるような気がしますよ。
ほんの少しですが、世の中が変わっていく気がしますよ。
 
相続対策からは相当に脱線してしまいました。
相続の世界では、「遺言」を活用することを勧めるケースが多々あります。
将来残された相続人の間で、激しい争いが始まることを恐れる場合に準備するわけです。
「死人に口なし」・・・「一体お父さんはどういうつもりだったのか」と思っても、死んでしまえば、その意思はわかりません。勝手に解釈してみるにしても、それぞれがそれぞれなりの立場と価値観で考えてしまうわけで、真意とは程遠いものになるのかもしれません。
 
「遺言」を作るということは、一見親の意思を書き残すことになるわけですから、それはそれでいいことなのですが・・・一方で問題も出てくるのです。
それは、子供が親を取り合う現象が起きることがあるのです。
「お父さん(お母さん)、私にあれは頂戴よ!お願い!だから『遺言に私にあげる』って書いてね!」こんな猫なで声が聞こえてくるのが現実なわけです。
書いてくれて一安心・・・しかし、別の日に、別の子供が、「お父さん(お母さん)、私にあれは頂戴よ!お願い!だから『遺言に私にあげる』って書いてね!」なんて言い出したりするわけです。
「『遺言』を書いた方がいいですよ!」と、アドバイスさせていただくこともあるわけですが、「遺言」は常に新しいものが有効ですから、果たしてどの時点での遺言が最新になるのやら・・・
あげく、『あのときお父さんは「認知症」になっていたのでは・・・』なんて疑われちゃったりするわけです。
もう、本当に面倒くさいですね。
ここで、大概のご両親は「うちの子に限ってそんなことはしない」とか、「面倒くさいから、死んだ後のことは任すよ」とか言ってその場から逃げてしまいます。
結果的に、問題の先送りを選択しているとも言えます。
確かにうちの子に限ってと思いたい気持ちもわかりますし、相当に面倒だとも思います。
しかし、「うちの子」はあなたの子供です。あなたの性質や程度を受け継いだ子供でもあるんです。
あの時、面倒くさいと先送りしたが故に、亡くなった後のトラブルは壮絶なものになることもあり、面倒がらずにやっておいて欲しかった・・・なんて言われちゃったりするわけです。
「飛ぶ鳥跡を濁さず・・・元気なうちに死に支度をしておいて!」
・・・なんて言葉が生まれちゃうかもしれませんよ。
まぁ、なかなかできることではないのかもしれませんが、元気なうちに、そして時間があるうちに、しっかりと見て、しっかりと感じて、先のことを考えて、準備をしていただきたいと思うのです。
 
なんで死んだ先のことを準備しなければならないのか・・・なんででしょうかね?笑        続く・・・・・